本文へ移動
Materials
無添加住宅の素材

 
我々は㈱無添加住宅の理念に共感し、
住宅建築に無添加住宅の資材を多く使用しています。
構造材に地元産木材を使用。床材は農薬処理を行わない、無垢材フローリング。壁・天井・収納内部までしっくい塗り仕上げにすることで、有害物質の心配がない安心な空気環境が作られます。
施工のしやすさ、クレーム対応、工期短縮を目的に新建材、化学製品で作られた家です。何万種類もある化学物質からわずかな有害物質を定め安全性を謳った製品で安心な住環境は作れるのでしょうか。
 
 
住まい工房ではこんな素材を使っています
 
 
無添加住宅オリジナルしっくい(外壁・内部壁・天井など)

しっくいは昔から建築資材として広く使われ、古くはピラミッドにも使われていました。施工すると、化学反応により固化し、そのまま原材料である石灰岩に戻ります。珪藻土などのほかの材料と違い、固化に接着剤を必要としないため空間環境も汚さず、接着剤の劣化に伴う剥離も起きません。
そとかべバリア

しっくい塗りで仕上げられた外壁は白く美しい。しかし汚れてしまうのでは。当然のご質問です。住まい工房では外部しっくいの上からそとかべバリアを塗布しております。外壁への水の浸透を防ぎ、表面についた汚れを雨や流水が洗い流して外壁をきれいに保ちます。
サッシ用水切り
ほとんどの住宅ではサッシ周りの防水対策として、粘着性の防水テープを使います。しかし防水テープはいずれ劣化します。付着が充分になされなければ雨水の侵入をまねき雨漏りを起こしかねません。そこで我々はサッシ専用のアルミ製水切りを設置しております。経年劣化、粘着力低下がないため住宅の耐久性も損ないません。
無垢材(床フローリング)

無垢材の使用も適材適所がとても大切。構造材には最適なヒノキ、杉材なども室内では必ずしも良いとは言えません。これらの木材は虫、バクテリアなどの外敵から身を守るため殺虫、殺菌効果のある天然の化学物質を出しています。室内には天然化学物質の放出が少ない木材(当社でのおすすめはシンゴン、ナラ、アカシアなど)の使用をおすすめしています。また、コスト、施工性を重視した合板床材では味わえない本物の価値を実感いただけます。
炭化コルク(外部しっくい下地として)

コルク樫の表皮から作られる建材です。成型加工は蒸気加熱と圧力を加えることで行われるため余分な物質は含みません。炭化コルクとしっくい塗を組み合わせた「しっくい塗り炭化コルクWALL」工法は、一般的なサイディングとは異なり、継ぎ目ができないため、太陽光に弱く劣化が早いシーリングが要りません。
天然石(外壁・内壁、キッチン天板、洗面台など)

コルク樫の表皮から作られる建材です。成型加工は蒸気加熱と圧力を加えることで行われるため余分な物質は含みません。炭化コルクとしっくい塗を組み合わせた「しっくい塗り炭化コルクWALL」工法は、一般的なサイディングとは異なり、継ぎ目ができないため、太陽光に弱く劣化が早いシーリングが要りません。
米のり集成材(建具キャビネットなど)

内装ドアやキッチン、洗面台のキャビネットは集成材を使います。こちらの接着剤にはお米を使用しています。米は熱によりα化(高分子化)します。固まるとセルロースに変化するため、気温、湿度による集成材の膨張、収縮が起きても米のり自体が木と一体化し剥がれにくくなります。
柿渋(塗装材、外部しっくい)

古来より鳥居、投網の防腐や番傘などの防水に広く使われてきた素材。建具、床に独特の光沢を出す塗料として使います。また外部しっくいに撥水効果を持たせるため柿渋を混ぜて施工しています。そのため塗って数日間は壁色がピンクになります。(数日で消えます)
2020年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 定休日
0
1
9
6
0
0
TOPへ戻る