株式会社住まい工房のホームページへようこそ!!

 
 
 
自然素材
 
自然素材は、お手入れするごとに深みのある雰囲気を醸し出し、

時が経てば経つほどに愛着が湧きます。

経年変化による美しさや風合いは、自然素材ならではの唯一無二な付加価値なのです。
 
 
 
主に使用する自然素材
   
無添加住宅オリジナル漆喰
 
(外壁・内壁・天井)
 
外壁・内壁・天井とほぼ家の全体に漆喰を使用しています。

漆喰とは消石灰に麻スサやのり(ぎんなん草)などを混ぜた自然の塗装材です。

古代ギリシャやローマ時代の建築物や、日本では城や土蔵など漆喰の歴史は古く、世界中で愛されてきた伝統の素材です。

市販されている漆喰の中には、表示義務のない人工化学物質が入っているものもありますが、無添加住宅のオリジナル漆喰は、人工科学物質等の添加物を一切加えずつくった完全無添加な漆喰です。
   
   
無垢材
 
(床・構造材)
 
無垢材とは、1本の原木を使用するサイズにカットした木材です。
 
木は枝葉の隅々まで水を供給するため、水が通る管が通っています。建材として使う際に木を乾燥させるとその管は空洞になり、その空洞は断熱効果のある空気層となります。
また、この空気層は湿気の多い日には水分を吸収し、乾燥している日には水分を放出する調湿作用があります。

今までは汚れにくくするという理由からウレタン塗装が好まれていましたが、ウレタン塗装などで塗膜を作ってしまうと、空気層にフタをしてしまうことになります。

無垢材本来の優れた特性を活かすため、無塗装が基本です。
 
 
天然石(アクセント)
 
天然石の持つ色彩や重厚感は天然素材ならではです。

珊瑚や貝殻の化石が入った石灰岩や、マグマが地下深部でゆっくりと凝固した花崗岩など、様々な表情の天然石を使用しています。

漆喰と無垢材との組み合わせで、時を経ても流行に左右されない空間が生まれます。
 
 
炭化コルク(外壁漆喰用下地)
 
炭化コルクはその名の通り、コルク樫の表皮からできています。

高温の蒸気加熱と圧力を加えたときに出る樹脂で固形化します。

また炭化コルクは断熱・防音調湿、耐腐食性、防虫性など優れた性能を持っています。
 
 
柿渋(防腐・防カビ)
 
現在の住宅の防腐・防カビ材が健康に及ぼす影響はかなり大きいと思われます。なぜなら、虫やカビが嫌うものを科学物質で製造しているからです。
 
虫が死ぬ化学物質が人体に良いはずがありません。柿渋の効能はその昔、火傷、しもやけ、血圧低下、二日酔い防止、蛇・ムカデ・蜂などの解毒剤として使われていたこともあります。
 
外壁の漆喰には防腐・防カビのために漆喰と柿渋を混ぜて塗ったり、塗料として使用したりしています。
 
 
ホウ酸(防蟻・木材保存材)
 
ホウ酸は主にアメリカやトルコなどの鉱脈で採掘される「ホウ酸塩鉱物」を精製して作られています。土壌、海、川、温泉まで自然界のどこにでも存在する天然物で、目薬にも使われています。

鉱物由来のホウ酸は、合成殺虫剤とは違い分解・揮発することが無く、効果は雨などの水で流れ出ない限り作用し続け、長期間維持します。
 
<<株式会社 住まい工房>> 〒997-0834 山形県鶴岡市稲生一丁目10番16号 TEL:0235-25-8888 FAX:0235-24-3978